スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津和野散策 (その1)

雨上がりの午後・・・




12月8日、昼すぎ、津和野駅よこにある町営駐車場に車を停めて、すぐ近くにある『安野光雅美術館』に行きました。
受付で入場料800円を払って館内に入っていき、かなりの時間をかけてたくさんの素晴らしい絵をみてまわりましたが私の他には誰ひとりとしていませんでした。
イギリス、イタリア、アメリカ・・・その他たくさんの国の絵が展示してありましたが国によって作風がかなり違っていて興味深かったです。
淡い色彩の水彩画はやはり素晴らしかったですが私は「イギリスの村」の展示スペースが一番気に入ってかなりながいことそこで絵を眺めていました。
各展示スペースには安野光雅さんによるみじかいエッセイ(説明文?)もあったのですがそれがまた素晴らしい文章でした、簡潔であって味わい深くて・・・
広くて綺麗な館内の絵をひととおりみて矢印の方向にそって進んでいくとそこには昔の小学校の教室を再現した場所がありました・・・
懐かしい光景・・・



遠い昔の記憶・・・

私が小学3~4年のころまで写真のような木の机と木の椅子だったと思います。

新しい机と椅子が教室で使われるようになってから古い机と椅子はしばらくのあいだ体育館のよこに高く積み上げられていたのですが、そこが絶好の遊び場で毎日飽きもせずに遊んだことは鮮明に憶えています。(木の机と椅子で勉強したことはあまり・・・というかほとんど憶えていません。 ^^;)



「potoru君・・・」   「はい!」   「廊下に出て立っていなさい!」   「・・・・・」




教室後方に貼ってある小学生の書道の文章がまた素晴らしいです。
美術館用に特別に書いたものなのか日頃からこんな文章を書いているのか知る由もありませんが「漢詩」や「論語」などの古典を書き写すなんていうのは流石だな・・・とただ感心しておりました。

「君子は豹変す」

「春眠暁を覚えず」

「羊頭を懸げて狗肉を売る」

「足るを知れば辱しめられず、止まるを知ればあやうからず」

「小人の過ちや必ず文る」

・・・・・

・・・・・

・・・・・

大人も子供たちに負けないように勉強しなくてはいけませんね。



廊下に立たされたことを思い出す・・・^^




美術館にかなりの時間いましたが展示室には結局誰も入ってきませんでした。
絵本や絵葉書や絵を販売しているコーナー(ここは無料で利用できます)に2人だけ女性がいらっしゃいました。
娘のお土産に絵本を一冊買って帰りましたが残念なことにあまり喜びませんでした。
理由(わけ)をきくと
「字が書いてないからつまらん!」
とのことでした・・・^^;

コメントの投稿

非公開コメント

これが噂の!?

これが安野光雅美術館ですか~
美術館らしくない素朴な雰囲気なんですね。

中にも入られたんですか?
私は「旅の絵本」しか知らないですが 館内にもその絵があるのかな?

安野光雅美術館

ひとりじめですか?
温泉で大浴場貸切状態も良いけど、美術館の貸切ぜいたくですね。
ぶんたと津和野サイクルツアー行きたいな~。
津和野、今が旬ですかね?

お疲れ様でした。

potoruさんこんばんは~
今年の最後に日原で、お会いできてよかったです。
わざわざお越しいただきありがとうございました。

日原、ぶち(山口弁ですが)寒かったですけど、楽しかったですね。
途中で、晩飯もご一緒して、まったりもしましたしね。

今年1年いろいろとお世話になり、ありがとうございました。
おそらく来年もいろんなところで、お会いすると思います。
また宜しくお願いします。

来年の最初は、どこでお会いすることでしょう?
大宰府でしょうか?
それとも笠戸島だったりして(笑)
日原よりかなり近いですよ~~(笑)
高速降りて、20分ぐらいですよー

>ほのんさん

外観は素朴な感じですが中は綺麗で素晴らしい空間でした。

「旅の絵本」・・・の絵は館内にたくさんありました、熱心なファンならたまらないでしょうね。

額入りの絵(1万~)を買うかどうかかなり悩んだのですが飾る部屋がないことに気付いて諦めました。^^ゞ

>ぶちさん

ひとりじめ・・・贅沢なひとときでした。

>津和野、今が旬ですかね?

来年の3月だと思います。^^ゞ

http://www.oidemase.or.jp/jiblog/index.php?itemid=196

>あっきーさん

こんばんは。
日原・・・寒い中のイベントで参加チームも少なかったですが私にとってはとても印象に残りました。
「ここまで来た甲斐があった」と思いましたから。
各チームのみなさん・・・のびのびとそして楽しそうに踊ってありましたね、みているほうも楽しかったです。

今年はいろんなお祭りで一緒に食事に付き合っていただいて感謝しています。

大宰府・・・ラーメン
川棚・・・瓦そば
鳥栖・・・チャンポン
日原・・・うどん

麺類に偏っている気がしますので来年はバランスのいい食事を心がけたいものですね。^^ゞ

来年はあっきーさんの半分くらいはお祭りに行けたらいいな、と思っています。
来年の笠戸島まで頑張っておこづかいを貯めるようにします。(焼き鳥食べたいです・・・^^)

今年一年ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

パソが壊れて 新しいのかったのでそれで遊んでたらネットご無沙汰してしまいました。
安野光雅美術館レポがあると ほのんさんに伺って おじゃまします。
わたしも旅の絵本 全部持ってるんですよ~
たしかに文ないですね^^; 他の本にもなかったんですか
お嬢さん 将来好きになるかもしれないですね。

ぶんた号と津和野ツァーにいかれる方も。。。 いいなあ

懐かしかぁ

昨日は まだ一番上の写真しかないときにコメントを書いてしまいました
せっかちでごめんなさい
ちゃんと中にも入られたんですね^^;

私の小学校も木の机と椅子でした
こんなきれいなものではなく 角がとれて丸くなってるような古いものでしたけど
そうそう 必ずと言っていいほど真ん中に線が掘られていて
そこから教科書や肘が少しでもはみ出すと
隣の子とケンカになったりして…^^
懐かしいなあ~

>volさん

旅の絵本・・・全部もってあるのですか、素敵ですね♪
おみやげに買ったのは旅の絵本(イギリス編)でした。館内に展示してあったイギリス紀行の『家畜の品評会』という題の絵がとても気に入ったので絵本コーナーで探したのですが見つけることができませんでした。
文章が入っている絵本があったかどうか・・・すごい数の絵本(画集?も)が揃っていましたのでもしかするとあったのかも知れませんね、文章がとても上手な方ですから。

本格的な安野光雅美術館レポはぶんた号に乗ってあるおしゃれなかたに期待しています。

>ほのんさん

昨夜は小出しにUPしておりました、まぎらわしかったようで申し訳ありませんでした。^^

昔の教室を再現した学習室・・・これで古い机と椅子だったらもう完璧ですね。

>そうそう 必ずと言っていいほど真ん中に線が掘られていて ・・・

ほのんさん、記憶力がいいですね! 
わたしもつられて思い出しました!たぶん彫刻刀で彫ったに違いない線だったような気が・・・
ついでに隣の子と領外侵犯で争った記憶も蘇ってきました。^^

なつかしいな~




プロフィール

potoru

  • Author:potoru
  • いろいろなジャンルの写真を撮っています♪
    まとまりのないブログです。^^;
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
過去の記事 一覧

全ての記事を表示する

お気に入り
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます ^^

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。