スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月28日の菜園便り・・・

昨日、ジャンボピーマン初収穫。

ラベルに「15cm以上になります」と書いてありました、測ると17cmありました。

まだ食べていません・・・



夏バテはな+ジャンボピーマン+ミニトマト



その他の収穫はミニトマト1個。

スイカは6月23日に1個だけ人工授粉しました、成功したかどうかは不明です。^^

ゴーヤ、オクラは順調に育っています。

以上簡単な菜園の報告でした。



6月28日の<収穫表>です。

今年は「0」が一つもありませんように・・・^^;


まだまだこれから・・・^^;



スポンサーサイト

暑い

今津湾



連日30℃を超える暑い日が続いて少々疲れ気味・・・これから先が思いやられます。

写真は現場のすぐ近くの海。

レオン・フライシャーのピアノ

演奏よし♪ 録音よし♪



10日ほど前の夜、いつも聴いているネットラジオから美しいピアノ曲が流れていました。
ピアニストはレオン・フライシャー、かかっていた曲はモーツァルトのピアノ協奏曲第7番の第2楽章。
曲(演奏)のあまりの素晴らしさに感動してすぐにネットで注文、Amazonで1309円(送料込み)でした。
音楽、今はネットで試聴もできますしジャンル別のネットラジオもとても充実しています。昔はFMラジオくらいでしか聴く手段がなかったことを思えば便利になったものだとつくづく実感します。

収録されている曲は3曲、いずれもモーツァルトのピアノ協奏曲。

・ピアノ協奏曲第12番 K.414
・ピアノ協奏曲第7番 K.242
・ピアノ協奏曲第23番 K.488


どの曲の演奏も素晴らしいですが一番気に入ったのは第7番でした。第7番はもともと3台のピアノのための協奏曲として作曲されたようですが後日2台のピアノのためにモーツァルト自身によって編曲されており、このCDでは2台のピアノによる演奏が収められています。
レオン・フライシャーと奥様のキャサリン・ジェイコブソン・フライシャーの二人の仲睦まじく寄り添うような演奏は魅力的で、特に第2楽章の美しさにすっかりやられてしまいました。
モーツァルトのピアノ協奏曲の緩徐楽章はどれも名曲ばかりですが、この第7番のAdagioはまた一段と美しい・・・
全曲を通じていえることですがピアノを優しく包み込むようなシュトゥットガルト室内管弦楽団の演奏はいいですね。
明るくて華麗な印象がするピアノは多分スタインウェイだと思いますがオケの響きともどもとてもクリアで素晴らしい音でついつい聴き惚れてしまいます。

レオン・フライシャー、レコーディング時の年齢79歳。
肩肘張ったところが全然無い自然体の美しいモーツァルト。
いい買い物でした。

梅雨

クモの巣(説明不要・・・^^;)



毎日よく降りますね~

菜園の野菜も梅雨に入って一段と元気になってきました。

初収穫はピーマンになりそうです。



スカシユリ



野菜の写真はありません・・・^^;
プロフィール

potoru

  • Author:potoru
  • いろいろなジャンルの写真を撮っています♪
    まとまりのないブログです。^^;
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
過去の記事 一覧

全ての記事を表示する

お気に入り
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます ^^

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。