スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年買ったCD (3)

『ragtime jazz』

ねこはCDには付属しておりません・・・

近所のCDショップで見つけたCD。
スコット・ジョップリン(SCOTT JOPLIN)、ライオネル・ハンプトン(LIONEL HAMPTON)、ウィリー・ザ・ライオン・スミス(WILLIE“THE LION”SMITH)、ファッツ・ワラー(FATS WALLER)、ユービー・ブレイク(EUBIE BLAKE)、ジェームス・P・ジョンソン(JAMES P.JOHNSON)、フレッチャー・ヘンダーソン(FLETCER HENDERSON)、キッド・オリー&ジミー・ヌーン(KID ORY & JIMMY NOONE)、アール・ハインズ(EARL HINES)、ジェリー・ロール・モートン(JELLY ROLL MORTON)・・・錚々たるミュージシャンの演奏が収録されています。
「フレッチャー・ヘンダーソン、アール・ハインズ、ジミー・ヌーンなんかが入っているのは渋いな・・・」と思って購入したのですが期待どおりの素晴らしい演奏で楽しめました。
“ラグタイム”といえばすぐ思いつくのは“ラグタイム ピアノ”ですがギターやバンジョー小編成のバンドのラグタイムもあるようです。私は音楽大好き人間ですが専門的なこと(難しいこと)は残念ながら無知に等しいです。

ラグタイムについて詳しく解説してあるサイト

最近は昔ほどジャズを聴くことはないのですがこんなCDに出会うと「ジャズってやっぱりいいな~」と感じてしまいます。
このCDの帯には「休日の朝には“ラグタイム”で爽やかな目覚め」と書いてありました、朝に聴くのにふさわしい曲ばかりではないですが選曲が素晴らしい。気になって発売元を調べたところ日本での選曲・発売ではなくイギリス(UK)の会社でした。この選曲、なかなかのセンスだと思います。
ロック(ポピュラー)、クラシック、ジャズ、民族音楽・・・いろんなジャンルを扱っているレーベルのようでした・・・

Tring International

いい曲がいっぱいですがいちばんのお気に入りはアール・ハインズの『G.T STOMP』でした、30年代・40年代の録音と思いますが演奏はいま聴いても新鮮でジャズの醍醐味に溢れたものでした。ハインズのピアノは自由奔放で温かみがあって大好きです。


以上、今年買った(10枚ちょっと)CDから印象に残ったものを書いてみました。
スポンサーサイト

今年買ったCD (2)

「ギレリスのピアノ」



『ベートーヴェン ピアノソナタ29番&30番 ギレリス』

1000円でした・・・

今年買ったCDで一番のお気に入り。29番もいいけれど30番が美しすぎ。
惚れ惚れするような美しいピアノの音です。何のピアノなのか気になります・・・
30番のギレリスの演奏を聴くと「これ以上の演奏は可能なのか?」と思ってしまうほどです。
第3楽章(主題と6つの変奏)のギレリスの演奏はまさに天上の音楽。
何の先入観ももたずに近所のCDショップで買ったのですがこんな出会いがあるとうれしいものですね。





『ベートーヴェン ピアノソナタ17番&21番&26番 ギレリス』

安いと気楽に買えます・・・

17番《テンペスト》
21番《ワルトシュタイン》
26番《告別》

先に挙げたギレリスのベートーヴェンのピアノソナタがあまりにもよかったので違う曲が入っているCDを後日また買いました。これも全曲素晴らしい。初心者にはこちらの盤のほうが親しみやすいかもしれません。(わたしも初心者です・・・^^;)
17番のテンペストといえば第3楽章があまりも有名で人気があるようですが私は第2楽章のAdagioのほうが好きです、この季節に聴くのにふさわしい美しい静寂の世界です。




『ベートーヴェン ピアノソナタ8番&14番&23番 ギレリス』

いい時代になったものです。

8番《悲愴》
14番《月光》
23番《熱情》

ギレリスのベートーヴェンのピアノソナタのCD3枚目・・・こちらはわりと有名な曲が入っています。
ギレリスのピアノは力強さと繊細さが同居しているのが魅力でしょうか?
変に甘いところがないのが気に入っています。

上記のCDはどれも録音が素晴らしいです、繰り返しになりますが澄み切った深みのある美しいピアノの音だと思います。





『エミール・ギレリス ライヴ・レコーディング 1968』

※ジャケ写真はありません

レニングラード・フィルハーモニー大ホールでのライブ録音(モノラル)。
中古ショップで500円で売っていました。
バッハ、ベートーヴェン、リスト、プロコフィエフ、ウェーバーの曲が収録されています。
いちばん印象に残ったのはウェーバーのピアノソナタ第2番でした、詩的な美しい曲でした。
ウェーバーの曲を聴いたのはこれが初めてだったのですが「まだまだ知らない作曲家がたくさんだな・・」と思った次第です。

今年は(特に後半)はギレリスを聴いていることが多かったです。


今年買ったCD (1)

「女性ボーカル4枚」



『DIANA KRALL LIVE IN PARIS』

ピアノもなかなか良い

パリでのライヴ録音。ベース、ギター、ドラムの伴奏が見事、オケが伴奏する曲もいいです。
現在人気ナンバー・ワンの女性ジャズボーカリストのようですが“聴いて納得”の一枚でした。

上のCDでもベースを弾いているJohn Claytonとのデュオ・・・

http://www.youtube.com/watch?v=qVCgf6_M7i4&feature=related

かっこいい、の一言。





『SARAH VAUGHAN (WITH CLIFFORD BROWN)』

1954年 ニューヨークで録音

懐かしい一枚、LPで持っていました。サラ・ボーンの声はすこし重たいので好き嫌いがあるとは思いますがさすがに上手いです。クリフォード・ブラウンのトランペットの音色はこのCDでも格別です、あとハービー・マンのフルートは演奏に彩りを加えていていいですね。





『HILARY KOLE HAUNTED HEART』

いいジャケット写真だとは思います・・・

ネットで紹介記事を読んで興味があったので買ったのですが、私には“軽すぎ”で幾分消化不良でした。
音楽の雰囲気はいいんですけどね。





『テレサ・テン ベスト集』

アジアの歌姫

彼女のLP持っていました、まだ実家にあるかも?
ずば抜けて歌がうまいわけでもないのにこんなに愛されるのはもって生まれた何かがあるのでしょう・・・
テレサ・テンの歌いいですね。好きです。


http://www.youtube.com/watch?v=hCc4eczUcIc
プロフィール

potoru

  • Author:potoru
  • いろいろなジャンルの写真を撮っています♪
    まとまりのないブログです。^^;
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
過去の記事 一覧

全ての記事を表示する

お気に入り
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます ^^

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。