大晦日

トンネルA




『光陰矢の如し・・・』



トンネルB




今日で今年も終わりですね。

来年がよい年になりますように・・・^^



橋A

ユウガオ、その後・・・^^

ヨルガオ(ユウガオ)の実・・・




<訂正とお詫び>

娘が夏休み前に小学校から貰ってきて種を蒔いて育てていたユウガオですが正しくはヨルガオでした。ヨルガオは俗にユウガオとも呼ばれているようです、まぎらわしいですね。



ユウガオ・・・「うり科」でかんぴょうを作る実がなる

ヨルガオ・・・「ヒルガオ科」で実はなるが食べられない



以前の記事でヨルガオを植えているのに「自家製のかんぴょうを食べたいな・・・」などと書いてしまいましたが管理人の無知によるものでした。(その記事にはいろいろウソを書いてしまいました)
お詫びして訂正します。<(_ _)>



ところで夏休み前に娘が「夕顔運動」でもらってきた小さな袋にはヨルガオの種が3つ入っていました。種を蒔いて芽が出てきたのはそのうちの1つだけだったのですが元気に育って12月になってもまだところどころ青い葉っぱが茂っていました。
枯れた部分の実は11月頃から少しづつとっていましたがさすがに12月下旬にはすべて枯れてしまったので先の日曜日(12月23日)に残りの全部の種をとりました。
それまでにとった種の数、200個と少し・・・



さてあと何個とれたのでしょうか・・・



さあ、数えましょう・・・

続きを読む»

津和野散策 (その4)

看板どおりに行けば着きます・・・




12月8日の津和野散策のUPを暮れも押し迫った27日になってもまだやっています。
師走・・・やはり何かと忙しいものですね。^^




さて津和野の鯉を鑑賞した私は森鷗外記念館へと向かいました・・・



まず森鷗外旧宅に寄ってその横(南側)に建っている記念館に行ったわけですが写真の撮影データをみると1時間近くをここで過ごしたようです。
受付で500円を払って森鷗外記念館に入って館内の展示物をかなりの時間をかけてゆっくり見てまわったのですがなかなか見ごたえがありました。
他の文学館などにほとんど行ったことがないので比較のしようがありませんがかなり充実した資料が展示してあるのではないでしょうか。
鷗外が6~7歳のころ実際に使っていた漢学の教科書(論語・大学などの四書)も展示してありました。教科書といっても「返り点」や「送りがな」が書いてあるわけでもない原文のままの論語を眺めながら、幼少期からこんな本で勉強していたことに凡人の私はただただ感心しておりました。
ひととおり館内をまわったところに津和野川を眺めることができるガラス張りの休憩所があってそこで少し休憩したのですがなかなかくつろげるスペースで快適でした。
休んだのち・・・また最初から展示物を見てまわりました。
ひとつ残念だったのは、私が若いころ読んで感銘を受けた小説の原稿があるかな・・・あれば見たいな・・・とかすかに期待していたその原稿を見ることが出来なかったことでした。




対岸より鷗外記念館・・・





鷗外記念館を出て津和野川にかかっている小さな橋を渡って対岸に行き川沿いの道を通ってまた津和野駅に向かって歩きはじめました。
まだまだ見たいところはたくさんあったのですがもう時間がありませんでした。


駅前でもらった観光パンフレットにはおすすめの4つのコースが書いてありました。

「芸術と堀割りの路」

「信仰の路」

「神話と城跡の路」

「思索の路」

森鷗外旧宅と記念館はこの中の「思索の路」コースです。

以下パンフレットから(無断)引用・・・

“哲学者西周旧居と文豪森鷗外旧宅までを鷗外が養老館まで通った道を津和野川のせせらぎを耳にしながら歩く文学、哲学の道”

そして「思索の路」のサブタイトル(?)が・・・

~川べりを歩いたら少し賢くなった~



実際に川べりを歩いてみて・・・少し賢くなった気は全然しませんでしたが(^^;)、津和野川のせせらぎをききながら歩くのはとても気持ちのいいものでした。
春はこの川辺、桜の花が咲いてきっと美しいことでしょう・・・



さくら~♪さくら~♪




それから・・・二宮金次郎の銅像が建っているとてもとても広い校庭の津和野小学校のよこを通って・・・



左、津和野小学校・・・先に、トンネルあり・・・




このトンネルを通って津和野駅に向かって帰りました・・・


“頭上注意!”



(菜園の傘の目的・用途が少しだけ気になります・・・^^;)




津和野・・・都会と違ってゆっくりと、また豊かに、時間が流れているような気がしました。

また来年も行けますように・・・^^    (完)  
                            
 






津和野散策 (その3)

津和野メインストリート・・・!?




津和野の「本町通り」から「殿町通り」へと進んで行ったのですが、このあたりに来るとさすがに観光客が多かったです、観光シーズンだときっとかなりの人出なのでしょう。

“目指すは鯉・・・”  ^^ゞ

森鷗外が学んだ藩校養老館前の堀割が有名な場所のようでした・・・


「コイのエサあります」・・・



団体御一行様も見学に来られて・・・

続きを読む»

津和野散策 (その2)

静かな駅でした・・・






安野光雅美術館を出て次は「森鷗外記念館」へと向かいました。
津和野到着後、駅前に置いてあった観光パンフレットをもらってしばらく眺めたのですが行きたいところがたくさんありすぎて困ってしまいました。

津和野駅から鷗外記念館までかなり距離があるようでしたので、美術館を出るときに受付の女性に「歩いてどのくらいの時間がかかりますか?」ときくと「約30分くらいでしょうか・・・」という答えだったのでのんびり歩いていくことにしました。

駅前は閑散としていましたが蒸気機関車が運行する期間はこの駅も賑わうのかもしれません。




D51 !




さてと・・・津和野の町のはしからはしへ・・・



クリックすると大きくなります




(その3)  『鯉は果たしてたくさんいるのか?』・・・に続きます。^^

津和野散策 (その1)

雨上がりの午後・・・




12月8日、昼すぎ、津和野駅よこにある町営駐車場に車を停めて、すぐ近くにある『安野光雅美術館』に行きました。
受付で入場料800円を払って館内に入っていき、かなりの時間をかけてたくさんの素晴らしい絵をみてまわりましたが私の他には誰ひとりとしていませんでした。
イギリス、イタリア、アメリカ・・・その他たくさんの国の絵が展示してありましたが国によって作風がかなり違っていて興味深かったです。
淡い色彩の水彩画はやはり素晴らしかったですが私は「イギリスの村」の展示スペースが一番気に入ってかなりながいことそこで絵を眺めていました。
各展示スペースには安野光雅さんによるみじかいエッセイ(説明文?)もあったのですがそれがまた素晴らしい文章でした、簡潔であって味わい深くて・・・
広くて綺麗な館内の絵をひととおりみて矢印の方向にそって進んでいくとそこには昔の小学校の教室を再現した場所がありました・・・

続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 (最後に)

『イルミネーションと記念撮影』



IMG_413-0311.jpg




8時ころにイベントが終わったのち、イルミネーションをバックに多くのかたが記念撮影をしてありました。
イルミネーション・・・やはり綺麗でいいものです。
イルミネーションにあまり縁のない私ですが、この時期、日本全国いたるところにイルミの名所があるみたいです。
このサイトでいま調べたら残念ながら日原のイルミネーションは載っていませんでした。
ただ実際に見た者として感想をいえばこの日原のイルミネーションはなかなか他では味わえないものがあるのではないか・・・と思っています。
山陰の空気の澄み切った底冷えのする山里で、とまらない鼻水をふきながら眺めるイルミは都会のなかでは味わえない素朴さがあるように感じました。
ちなみに上の写真(イルミのほぼ全景・・・^^)はお祭りのあと照明が消されて後片付けがすべて終わったのちに撮ったものです。
時刻は9時すぎ・・・三脚を立てて撮っている私の他は周りに誰ひとりとしていませんでした。
イルミをひとりで独占する・・・人が多いイルミの名所ではなかなか味わえない贅沢なのではないでしょうか。




さて、記念撮影・・・

昨年のちょうちん祭りでの出来事(まさに悪夢そのものでした)がありましたので、今回は失敗は許されませんでした。

↓そのときの写真を見るたびにいまでもいろんな思いが交錯します・・・^^;

記念写真ではない記念写真・・・^^


さて・・・

さて・・・

今回は・・・


続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 12

『総踊り』



IMG_413-0237.jpg



(↑この一枚だけクリックすると大きくなります)


当日は各チームの演舞の間にも数回(3回くらい?)の総踊りがありました、その時の様子です。



合計13枚あります・・・

続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 11

『天祈』




IMG_412-0148.jpg




IMG_412-0120.jpg




今回、日原に行ったいちばんの目的は“RAIZ”をみることでした。

よさこいっていいな・・・よさこいってすごいな・・・と初めて思ったのが2年前久留米であった九中大会で天祈さんの“RAIZ”をみたときでした。
私にとって思い入れがある“RAIZ”を天祈さん思い出の地である日原でみることが出来きてうれしい気持ちでいっぱいでした。

実に久しぶりにみた“RAIZ”・・・やはりよかったです。津和野まで来た甲斐があった、と思いました。
肩にまったく力が入っていなくて、それでいてキレがあって、躍動感と笑顔溢れる素晴らしい演舞でした。

よかった、よかった。^^


来年、またどこかで“RAIZ”をぜひみたいものです。





IMG_411-0082.jpg



“IVUKI”もよかったです・・・^^





あと20枚あります・・・(画像の表示に時間がかかるかもしれませんがどうか気長にお待ちください)  <(_ _)>

続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 10

『益田蟠竜おどり隊』



IMG_412-0023.jpg




「日原道の駅イルミネーション点灯式」のよさこいイベント・・・12月の寒い季節、また夜ということもあって観客は多くはなく・・・というより少なかったのですが、それでも各チームの皆さんは楽しそうに最後まで演舞してありました。
そこには純粋に踊りを楽しむ姿があったような気がします。
今年私が行ったよさこいのお祭り(イベント)はすべて何かしらの賞がありましたが、賞などまったく関係のないこの日のよさこいをみているとむしろこんなお祭りのほうが踊り子さんたちや観客は楽しめるのではないかと思ったほどでした。


益田蟠竜おどり隊の隊長さんも骨折されていた足が回復されたようで何よりです。
『日本一』・・・やはりいいですね。
来年またたくさん『日本一』がみれますように♪



IMG_412-0016.jpg




あと4枚あります・・・

続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 9

日原道の駅イルミネーション・・・点灯の瞬間です。








時刻は17時39分・・・

照明が落とされて“カウントダウン”が始まりました・・・

10・9・8・7・6・5・4・3・・・

いま思い返してもそれはスリリングな瞬間でした・・・



IMG_411-0020.jpg




パチ♪パチ♪パチ♪・・・・・・^^

日原道の駅イルミネーション点灯式 8

『つわの風雅蒼淙』



IMG_410-0115.jpg




今回のお祭りでの撮影は約500枚でした。
会場そしてスケジュールとも余裕がありましたので、のんびりまったり・・・していました。
つわの風雅蒼淙さんの写真、あまり撮っていなくていま困っているところです・・・



あと2枚・・・(来年頑張りますので・・・^^;)

続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 7

『紅蝶連』



IMG_411-0005.jpg




日原道の駅は今まで私が行った道の駅のなかでいちばん広いところでした。
道の駅によっては駐車スペースがあまりないところや農産物などを販売しているだけで食事をする場所がないところもありますが、駐車スペースは広大で大きな食堂もあり、かなり充実した施設だと思いました。



あと4枚あります・・・






続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 6

『周防紅華連』



IMG_413-0181.jpg




周防紅華連さん、キレのある素晴らしい演舞ですからあまり撮影できていません。(撮影はしたけれどいいのがありません)
今年の馬関祭りの夜のステージで少人数だったけど迫力ある演舞だったのを寒いなか思い出しておりました。



あと4枚・・・

続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 5

『柚華連』



IMG_411-0055.jpg




夜の演舞の写真は大部分が「止まっている場面」になります・・・

躍動感に欠けた写真が続くとは思いますがどうかご勘弁ください・・・^^ゞ



あと6枚・・・

続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 4

『あとう桜舞』



IMG_410-0001.jpg




今回、夜の撮影が大部分でしたのでストロボを使ってかなり撮影しましたが結果としてはストロボを使用しなかった写真のほうが多少(または多いに)被写体がぶれていてもやはりいいな~と感じました。
腕があればストロボを使用してもその場の雰囲気をこわさない写真が撮れるのでしょうがそのようになるにはまだまだ先のようです。

会場には夜間工事のときに使用するような大きな照明機械が2基設置されていました。
日没後のシャッタースピードは撮影場所によりけりでしたがおよそ1/15~1/60のあいだでした。



あと5枚あります・・・

続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 3

『紲』



IMG_411-0121.jpg




寒さ吹き飛ばす、元気一杯の演舞だった紲さん。

ノリのいい曲ばかり演舞されて楽しませていただきました。



あと8枚あります・・・

続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 2

『長州青組』



IMG_412-0063.jpg




各チームそれぞれ3回の演舞だったのですが長州青組さんは「男なら」「紅い月に踊る」「縁」を披露されました。(贅沢なプログラム!)

先月春日でみたときも感じたことですが、その演舞の立ち振る舞いにはやはり独自なものがあって惹きつけられてしまいます。

今回初めて「紅い月に踊る」がみれたのは幸運でした。



IMG_411-0043.jpg




あと9枚あります・・・

続きを読む»

日原道の駅イルミネーション点灯式 1

はじめに・・・



12月8日、津和野町日原でおこなわれたイルミネーション点灯式の様子です、というより・・・同時に開催されたよさこいのイベントの様子です。

初めて行く島根県、夕方に始まるよさこいのイベントだけみるのは勿体ないと思い、途中古い町並みが残る津和野の城下町に寄ってきました。
滞在3時間あまり・・・「安野光雅美術館」と「森鷗外記念館(森鷗外旧宅)」だけ行ってあとはふらふらとあてもなく町中を歩いてきました。
いわゆる観光名所ではないところにもこころ惹かれる場所はたくさんあって(例えば津和野小学校など)時間はあっというまに過ぎてしまいました。

今回、よさこいの写真の前に津和野の町の写真をUPしようと思ったのですが
「掘割の鯉の写真なんてどうでもいいから早くよさこいの写真をUPしろ・・・」
という熱烈なよさこいふぁんの声がどこからともなく聞こえておりますので(^^)先によさこいの写真をUPすることにします。

写真のデータを見ると開始の総踊りが始まったのが4時30分・・・



日原 道の駅




日没後・・・寒いなか美味しい豚汁を食べながら・・・



アツアツ・・・ホッカホッカ・・・♪♪♪




最後の総踊りが終わった時刻は夜の8時を回っておりました・・・



最後の総踊り・・・




参加チームは

 長州青組さん  
 あとう桜舞さん 
 周防紅華連さん 
 紅蝶連さん  
 柚華連さん  
 天祈さん  
 紲さん  
 つわの風雅蒼淙さん 

それにホストチームの益田蟠竜おどり隊さんの計9チームでした。

各チームの皆様、関係者の皆様・・・楽しいひとときをありがとうございました。

おしらせ・・・

RAIZ!  ^^♪


紅い月に踊る


日本一♪



12月8日、島根県津和野町「道の駅 日原」でおこなわれたイルミネーション点灯式に行ってきました。
寒いなか・・・楽しく素晴らしいイベント、ありがとうございました。

帰宅中・・・遠賀川を越えたあたりで疲れを感じたので鞍手PAに寄って少し休憩しようと横になったのですが目が醒めたら朝(夜?)の4時でした。^^ゞ
結局帰宅したのは5時ころでした。

夜の1時ころ「もう着きましたか?」とメールをくださった◯◯さん、やさしいお心遣いありがとうございました、夢の中だったので返信できずに申し訳ありませんでした。^^

写真のUPは明日くらいからになると思います。

もうしばらくお待ちください。^^;

12月11日(火曜日)以降になります、申し訳ありません。

かすがYOSAKOIカーニバル 15

最後に・・・



IMG_408-0061.jpg




12月になって急に寒くなりました。
かすがYOSAKOIカーニバルが開催された11月23日も日中は暖かいくらいでしたが総踊りのころになるとさすがに冷え込んできて寒かったです。
踊ってある方たちも半袖の人や上着を着ている人など様々ですが、寒さに弱い私からすればTシャツ一枚の人にはただただ尊敬してしまいます。

よさこいのお祭りも11月でほとんど終わったようですが12月にもまだ佐世保や津和野(日原)であるようです。
津和野のイベントは春日で総踊りがおこなわれた4時ころからスタートして日没まであるそうですから防寒対策だけは万全にして出かけないと無事に帰って来れなくなる可能性もあります。^^

12月にあったよさこいといえばおととしの菊池温泉のお祭りを思い出します。
よさこいのおまつりでスケジュールが前日(または当日)まで分からない・・・ということはたまにありますが、このときは当日まで開催場所さえ分かりませんでした。「まあ、菊池温泉まで行けばなんとかなるだろう・・・」ということで出かけて場所はすぐに分かったのですが当日の寒かったこと・・・身を切る寒さでした。
その時は友人と一緒でその友人が「大観峰」にまだ行ったことがない、というので大観峰へ寄り道してから菊池温泉(菊池市民広場)へ向かったのですが大観峰附近は雪が積もっていましたから・・・寒くて当然ですね。(笑)

今年出かけたよさこいのおまつり・・・

3月 大宰府天満宮門前まつり
4月 川棚舞龍祭
8月 関門よさこい大会(馬関まつり)
8月 鳥栖よさこいまつり
10月 九中まつりin熊本城
11月 かすがYOSAKOIカーニバル

・・・以上でした。

ここに津和野が追加されるかどうかはまだ未定です。
一応・・・防寒着買っておこうかな? ^^ゞ





続きを読む»

かすがYOSAKOIカーニバル 14

『総踊り』(その3)



IMG_408-0043.jpg




撮影は前日に買った脚立の上からしました。
3段の小さいものですがやはりあると便利なものだと痛感しました。
どこで(どの場所で)撮影するか・・・いつも悩みます。
前方で撮影するのがいいのに決まってはいるのですが大きなお祭りなどではなかなか難しいことが多いです。
よさこいのいろんな写真を見ていると横から撮影したものや場合によっては後方から撮ったものなどに「わぁ~これいいなぁ~」と思うこともあります。
要はカメラマンの感性(腕)次第・・・といったところでしょうか。

でもやっぱり前がいいですね。^^




IMG_408-0041.jpg

かすがYOSAKOIカーニバル 13

『総踊り』(その2)



IMG_408-0027.jpg


(画像大きくなります)



総踊りのときにいつも思うこと・・・

“踊る阿呆に見る阿呆・・・おなじ阿呆なら踊らにゃソンソン・・・”

まさしくその通りですね。



来年も撮る阿呆に徹したいと思っています。^^


あと4枚・・・(画像は大きくなりません)

続きを読む»

プロフィール

potoru

  • Author:potoru
  • いろいろなジャンルの写真を撮っています♪
    まとまりのないブログです。^^;
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
過去の記事 一覧

全ての記事を表示する

お気に入り
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます ^^

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: