スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津和野散策 (その4)

看板どおりに行けば着きます・・・




12月8日の津和野散策のUPを暮れも押し迫った27日になってもまだやっています。
師走・・・やはり何かと忙しいものですね。^^




さて津和野の鯉を鑑賞した私は森鷗外記念館へと向かいました・・・



まず森鷗外旧宅に寄ってその横(南側)に建っている記念館に行ったわけですが写真の撮影データをみると1時間近くをここで過ごしたようです。
受付で500円を払って森鷗外記念館に入って館内の展示物をかなりの時間をかけてゆっくり見てまわったのですがなかなか見ごたえがありました。
他の文学館などにほとんど行ったことがないので比較のしようがありませんがかなり充実した資料が展示してあるのではないでしょうか。
鷗外が6~7歳のころ実際に使っていた漢学の教科書(論語・大学などの四書)も展示してありました。教科書といっても「返り点」や「送りがな」が書いてあるわけでもない原文のままの論語を眺めながら、幼少期からこんな本で勉強していたことに凡人の私はただただ感心しておりました。
ひととおり館内をまわったところに津和野川を眺めることができるガラス張りの休憩所があってそこで少し休憩したのですがなかなかくつろげるスペースで快適でした。
休んだのち・・・また最初から展示物を見てまわりました。
ひとつ残念だったのは、私が若いころ読んで感銘を受けた小説の原稿があるかな・・・あれば見たいな・・・とかすかに期待していたその原稿を見ることが出来なかったことでした。




対岸より鷗外記念館・・・





鷗外記念館を出て津和野川にかかっている小さな橋を渡って対岸に行き川沿いの道を通ってまた津和野駅に向かって歩きはじめました。
まだまだ見たいところはたくさんあったのですがもう時間がありませんでした。


駅前でもらった観光パンフレットにはおすすめの4つのコースが書いてありました。

「芸術と堀割りの路」

「信仰の路」

「神話と城跡の路」

「思索の路」

森鷗外旧宅と記念館はこの中の「思索の路」コースです。

以下パンフレットから(無断)引用・・・

“哲学者西周旧居と文豪森鷗外旧宅までを鷗外が養老館まで通った道を津和野川のせせらぎを耳にしながら歩く文学、哲学の道”

そして「思索の路」のサブタイトル(?)が・・・

~川べりを歩いたら少し賢くなった~



実際に川べりを歩いてみて・・・少し賢くなった気は全然しませんでしたが(^^;)、津和野川のせせらぎをききながら歩くのはとても気持ちのいいものでした。
春はこの川辺、桜の花が咲いてきっと美しいことでしょう・・・



さくら~♪さくら~♪




それから・・・二宮金次郎の銅像が建っているとてもとても広い校庭の津和野小学校のよこを通って・・・



左、津和野小学校・・・先に、トンネルあり・・・




このトンネルを通って津和野駅に向かって帰りました・・・


“頭上注意!”



(菜園の傘の目的・用途が少しだけ気になります・・・^^;)




津和野・・・都会と違ってゆっくりと、また豊かに、時間が流れているような気がしました。

また来年も行けますように・・・^^    (完)  
                            
 






スポンサーサイト

津和野散策 (その3)

津和野メインストリート・・・!?




津和野の「本町通り」から「殿町通り」へと進んで行ったのですが、このあたりに来るとさすがに観光客が多かったです、観光シーズンだときっとかなりの人出なのでしょう。

“目指すは鯉・・・”  ^^ゞ

森鷗外が学んだ藩校養老館前の堀割が有名な場所のようでした・・・


「コイのエサあります」・・・



団体御一行様も見学に来られて・・・

続きを読む»

津和野散策 (その2)

静かな駅でした・・・






安野光雅美術館を出て次は「森鷗外記念館」へと向かいました。
津和野到着後、駅前に置いてあった観光パンフレットをもらってしばらく眺めたのですが行きたいところがたくさんありすぎて困ってしまいました。

津和野駅から鷗外記念館までかなり距離があるようでしたので、美術館を出るときに受付の女性に「歩いてどのくらいの時間がかかりますか?」ときくと「約30分くらいでしょうか・・・」という答えだったのでのんびり歩いていくことにしました。

駅前は閑散としていましたが蒸気機関車が運行する期間はこの駅も賑わうのかもしれません。




D51 !




さてと・・・津和野の町のはしからはしへ・・・



クリックすると大きくなります




(その3)  『鯉は果たしてたくさんいるのか?』・・・に続きます。^^

津和野散策 (その1)

雨上がりの午後・・・




12月8日、昼すぎ、津和野駅よこにある町営駐車場に車を停めて、すぐ近くにある『安野光雅美術館』に行きました。
受付で入場料800円を払って館内に入っていき、かなりの時間をかけてたくさんの素晴らしい絵をみてまわりましたが私の他には誰ひとりとしていませんでした。
イギリス、イタリア、アメリカ・・・その他たくさんの国の絵が展示してありましたが国によって作風がかなり違っていて興味深かったです。
淡い色彩の水彩画はやはり素晴らしかったですが私は「イギリスの村」の展示スペースが一番気に入ってかなりながいことそこで絵を眺めていました。
各展示スペースには安野光雅さんによるみじかいエッセイ(説明文?)もあったのですがそれがまた素晴らしい文章でした、簡潔であって味わい深くて・・・
広くて綺麗な館内の絵をひととおりみて矢印の方向にそって進んでいくとそこには昔の小学校の教室を再現した場所がありました・・・

続きを読む»

プロフィール

potoru

  • Author:potoru
  • いろいろなジャンルの写真を撮っています♪
    まとまりのないブログです。^^;
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
過去の記事 一覧

全ての記事を表示する

お気に入り
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます ^^

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。