2017年 

IMG_454-5767a.jpg





IMG_454-5716a.jpg



元旦に娘撮影

雪の中 お出かけ・・・

寒いのに感心!

はなと雪だるま

これは何かニャ・・・?



24日土曜日は久しぶりの積雪でした。
雪が多い場所に住んであるかたからすればこの程度は「積雪」には入らないのかもしれませんが、最近は雪は降っても積もることは少なくなりました。
思えば小学生のころは冬になるとよく雪合戦をしていたものです。昔は福岡の平野部でもよく積もっていました。

今回・・はなに気合を入れて庭に出てもらいました。
しばらく狭い庭で散歩をしておりましたが犬のように駈け回ることはありませんでした。
はなはやはり猫でした・・・^^;

今夜もまだ雪が降っています。


クンクン・・・


(あと4枚あります・・・^^)


続きを読む»

IMG_439-0962.jpg



IMG_439-0964a.jpg



IMG_439-0966a.jpg

自宅の部屋から・・・

丸くなったはな・・・



この冬一番の寒気団がきているそうで土曜日の朝は雪が舞っていました。

猫はコタツで丸くなる・・・のが日本に住む猫の正しい冬の過ごし方なのかもしれませんが、自宅にはコタツがありません。寒くなってからというもの、はなはお気に入りのダンボールのベッドの中で丸くなっています。

文部省唱歌である『冬』・・・誰もが歌ったり聴いたことがある曲だと思います。
調べたら、作詞者作曲者ともに不詳で1911年の『尋常小学唱歌(二)』が初出、とありました。



「歌詞」

1   雪やこんこ 霰(あられ)やこんこ。
    降つては降つては ずんずん積(つも)る。
    山も野原も 綿帽子(わたぼうし)かぶり、
    枯木(かれき)残らず 花が咲く。

2   雪やこんこ 霰やこんこ。
    降つても降っても まだ降りやまぬ。
    犬は喜び 庭駈(か)けまはり、
    猫は火燵(こたつ)で丸くなる。


明治44年ころの火燵といえばきっと堀火燵だったのでしょう。
昔ながらの堀火燵・・・父の実家にありました、ず~と昔の話ですが。燃料が練炭だったのか豆炭だったのか今となっては記憶がありません。ただ少し不思議でまた楽しかった思い出は残っています。
練炭を使っていたとすると火燵の中に入り込んで寝ていた猫たちは大丈夫だったのでしょうか?一酸化炭素中毒(二酸化炭素・・・と書いていました、訂正します。^^;)になった猫たちが不幸にもいたのではないか?・・・
明治時代のニャンコたちは火燵の中で熟睡していなかったか、火燵の中に入らないで外で丸くなっていたのかもしれませんね。^^



丸くなったはなのアップ・・・



一般的に「猫は寒さに弱く」「犬は寒さに強い」といわれていますが「寒さに強い猫」もいれば「寒さに弱い犬」もいるのが現状だとおもいます。今はすごい種類の犬猫がいますからね。
明治時代の犬猫事情と今日のそれとは大きく違っていることでしょう。

雪が積もって庭駈(か)けまはる はなをぜひ見たかったのですが残念ながら積雪しませんでした。
この3連休、予報ではまだ雪が積もる可能性があるようです。
庭駈(か)けまはる はなの写真をぜひ撮りたいものです。
駈(か)けまはる ことはないかな・・・(歩くだけで充分です)
雪が積もったら庭に出ないかな・・・^^


『雪』♪・・・・・・・・Adagio さんからお借りしました。

ありがとうございました・・・<(_ _)>



すこし考えさせてくださいニャ~

はな、雪が積もったら頼んだよ! ^^;

ユリカモメ

IMG_440-0063.jpg



IMG_440-0068.jpg



IMG_440-0122.jpg



福岡市大濠公園にて・・・



ユリカモメを写していたら若い女の子3人組から「写真を撮ってくださ~い」と声をかけられました・・・


続きを読む»

糸島半島にて

CRW_7687b.jpg





本日の福岡はときおり小雪が舞う寒い一日でした。




CRW_7703b.jpg




強風の浜辺で撮影しながら思ったこと・・・

なぜこんな寒い日に鼻水をたらしながら波など撮らねばならないのか、と。 ^^;




CRW_7707a.jpg




海辺の滞在約20分・・・さしたる成果もなくそのまま帰路につきました。^^
プロフィール

potoru

  • Author:potoru
  • いろいろなジャンルの写真を撮っています♪
    まとまりのないブログです。^^;
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
過去の記事 一覧

全ての記事を表示する

お気に入り
ブログ内検索
ご訪問ありがとうございます ^^

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: